かっさを使った美脚作り

このサイトでは、「かっさ」を使った美脚作りの方法について説明します。

かっさを使った美脚作りでは、かっさのカーブや凹凸を使って、少し圧をかけながらセルフマッサージをすることで血行がよくなり、むくみが取れて本来の脚の状態に戻ることが期待できます

マッサージ手順ですが、まず、かっさとマッサージオイル(またはローション)を用意し、脚全体になじませます。そして、まず足の甲からマッサージを始めます。つま先から老廃物をかき集めるように足首に向かって擦って流していきます。次に、足首にかき集めた老廃物をすべてふくらはぎに流すようにイメージして擦っていきます。そして、スネを膝に向けて擦り、次に両側面を膝に向けて擦っていきます。その後、それまでより力を入れて、ふくらはぎの裏側に集まった老廃物を膝に向けて流していきます。最後に、太ももから脚の付け根に向けて老廃物を流して完了です。

かっさを使ったマッサージは、入浴後に行うともともと血流がよくなっているため老廃物が流れやすく、より効果が期待できます。1日3分程度でできますので、入浴後の習慣にしてみてはいかがでしょうか。このサイトが、日常生活の中でできる美脚作りの参考になれば幸いです。

参考Re:feat / リフィート – 美脚のことなら – ホーム | フェイスブック

かっさについて

このサイトでは、「かっさ」について説明します。

かっさかっさは、シンプルで手軽なのに美容に効果が期待できるということで注目を集めている道具です。かっさとは、一枚の石や水牛の角などでできたプレートのこと。2500年前から中国で行われてきた民間療法「刮痧(かっさ)療法」が原点となっています。「刮(かつ)」は削るという意味、「痧(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことを指しています。つまり、かっさというプレートを使って、皮膚の経絡や反射を刺激することにより、滞っている血液内の老廃物を押し出し、流れをよくするという療法です。

かっさは、今や100円ショップでも買うことができますし、いろいろな素材や形のものが百貨店や通販でも販売されています。直接肌につけて使うものですので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。かっさはシンプルな道具ですが、一枚でデトックスや小顔、リフトアップ、美脚作りなど様々な用途に使うことができます。

かっさを脚に使うと、血行がよくなり、脚がむくんでいる前の自然な状態に戻すことが期待できます。また、かっさを使うことで、手でマッサージするより比較的楽に広範囲を手入れすることができるので、日常生活に取り入れることが簡単と言えるでしょう。

日常生活でビューティーに

女性が美しくありたいと願う気持ちはいつの時代、どの地域にも共通ですが、どのように美しくありたいかは時代や場所により様々です。現在の日本をはじめ多くの国では、脚がすらっと細く美しい「美脚」も美しくありたい女性の願いのひとつと言えるでしょう。この美脚が強く意識され始めた歴史は比較的浅く、1960年代のイギリス・ロンドンでミニスカートが誕生したのが大きなきっかけと考えられています。

エステそして現在、美脚を手に入れるための様々な方法がメディアでも流れており、エステサロンやフィットネスクラブでも美脚を謳ったプログラムが組まれています。また、脂肪吸引などの美容整形も行われています。

一番手軽に行える美脚作りの方法は、日常生活の中に美脚になれる習慣を取り入れることです。自宅で簡単な運動をする方法や、駅などの階段を上がるときになるべくかかとをつけないといった方法もありますね。

このサイトでは、「かっさ」という道具を日常生活の中に取り入れて美脚作りをする方法を説明します。かっさは、2500年前から中国で行われている民間療法で使われてきた道具で、石や水牛の角などでできた一枚のプレートです。今は、日本でも様々な素材でできたものが購入可能で、100円ショップでも販売されています。このかっさを使って1日3分マッサージすることで、足にたまった老廃物を取り除いてむくみを取り、本来の脚の状態に戻す効果が期待できます。このサイトを参考に、日常生活に取り入れビューティーな日々を送ってみてはいかがでしょうか。